スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウケるESの書き方



先日、ツイッター



「ウケるES(エントリーシート)の書き方を教えてほしい」



という質問がありました。



(ちなみに、エントリーシートというのは企業が新入社員を募集するときに使う応募用紙で、志望動機とか自己PRなどを書くやつです)




で、今、就職氷河期なんて言われてますけど、


僕が就職活動をした年は1999年。


まさに、未曾有の「就職氷河期」だと言われていた時代なんですよ。


その時代において、


僕のエントリーシートは、自分で言うのもなんですけど、バカウケでした。



エントリーシートのみならず、面接も、毎回爆笑の嵐でした。



一度、僕と一緒に面接受けにいった人から



「お前の部屋の笑い声、こっちまで響いてきたよ」



と言われたこともありました(実話です)。



だから、今回ツイッターで僕にこの質問をぶつけてきたのは



正直、正しい選択でしたよね。




で、ちなみに、僕のエントリーシートは↓の内容でした。







【自己PR】


中学高校時代を男子校でゲームオタクとして過ごした私は、まったく女性にモテませんでした。
そこで大学入学を境に「大学デビュー」を決意し、大学生活でのプライオリティはすべて「女性にモテる」に置きました。
そして、世の中にある恋愛マニュアル本を片っ端から読み、片っ端から実践していったのですが
結果、まったくモテるようになりませんでした。
というわけで、大学時代何を学んできたのかと問われれば「限りなくゼロに近いです」とお答えすることしかできませんが、どれだけ失敗しても立ち上がる「起き上がりこぼし」的な力を御社で活かしてかしていきたいと思います。








で、

このエントリーシートを見た面接官がすでにクスクス来てるんですよ。






面接官 「なるほど……。君、大学時代は、恋愛マニュアル本を読んできたんだね」



水野  「はい」



面接官 「ちなみに、どれくらい読んだの?」



水野  「正確な数字は分からないんですけど、

     心理学とか、脳科学まで含めたら100冊は軽く越すと思います。

     ……そういえばこの前、新宿の紀伊国屋行きましたら

     恋愛フェアというのをやっていまして、

     『ラブワゴン』と書かれたワゴンに

     恋愛マニュアル本がずらりと並んでいたんですけど、

     『ラブワゴン』に入ってた本、僕、全部持ってたんですよね」



面接官  「それはすごいね(笑)」



水野   「逆に、持ってない本があったらその場で速効で買いましたので
      結局はコンプリートすることになったと思います」




面接官  「(笑)で、マニュアル本を片っ端から実践したって書いてあるんだけど、
      具体的にはどんなことを試したの?」




水野   「はい。
  
      たとえば 『旅先から手紙を送ると非日常感が演出できてモテる』

      ということが書いてありましたので

      旅に出ました」



面接官   「それは、手紙を出すために?」



水野    「はい。女の子に手紙出すことをだけを目的とした旅でした」



面接官   「(笑)」



水野    「で、旅先から手紙を6通送ったんですけど」



面接官   「どうなったの?」



水野    「ちょっと気味悪がられましたね」



面接官   「それは、実行する前に気付かなかったのかな?」



水野    「ええ。一応は頭によぎったんですよね。

       『こんなことしても気味悪がられるんじゃないかなー』って。

       でも、

       僕が読んだ他の本に

       『考える前に行動しろ』

       って書いてあったんですよ」



面接官   「そこもマニュアル通りなわけだ」



水野    「はい」



面接官   「君、大学時代は他に何かしてたことはないの?」



水野    「特に無いですね。

       自分は優先順位を大事にするタイプなので。

       だから、

       恋愛マニュアル本を読んで、実践して、読んで、実践して……

       気づいたら、この席に座っていたという感じです」



面接官   「君、面白いね」



水野    「ありがとうございます」






こんな感じの面接がもう毎回バカウケで



僕も毎回



「これは確実に通ったなー」



と思ってほくほくしながら家に帰ったんですけど、
















ほぼすべての企業、二次面接で落ちました。












今だにはっきりとした理由が分からないのですけど、




僕のやり方は



なぜか二次面接以降、一切通用しなくなるんですよ。




当時、僕はこれを








二次の壁








と呼んでました。



そして、当時、僕はみんなから










一次の水野










と呼ばれていました。






というわけで、



「ウケるエントリーシートの書き方を教えて欲しい」と質問してくれた学生の方は



二次面接以降をどうすればいいのか教えてくれるOBの方を見つけて




その人のやり方と、僕のやり方をうまいこと組み合わせれば、確実に内定が取れると思います。




応援してますので頑張ってください。






ちなみに、二次面接以降どうすれば通るのか分かったら












一応、info@mizunooffice.com宛にメールもらっていいですか?










僕も来年以降どうなってるか分からないんでね。












コメントの投稿

非公開コメント

1 ■声を大にして言いたい

大好きです!!!
愛しています!!!
恋はしてませんけど!!!

2 ■ありがとうございます。

来年度は就活なので、二次面接以降が得意な人を見つけて、内定を頂こうと思いますw

3 ■バカウケですね

やっぱ、面白いわ?

4 ■無題

僕がやろうとしてたことなのに・・・
こんなに公にしてしまったら他の人との差別化ができなくなるじゃないですか(>_<)
ナンテコッタイ

5 ■1次で受かって2次で受かって3次で

そうなんだ?じゃあ「大金星」ってほぼ、自叙伝なんですか?じゃあ、あの後、主人公は・・・・・・・・。やっぱり成功しなかったのかなぁ。
それから、私は1次試験は、ほぼ、20代30代の美貌や、色けが通る時代は大丈夫でしたが、40代から、全ての書類審査で落ちるので、年齢だけがネックです。ちなみに、私は、34歳のときに、事務所から、コンパニオンの仕事で20歳で履歴書送ったから、今日は20歳の格好でオーディション受けてきてといわれていつも通ってました。化け物とよばれてました。

6 ■おもしろーぃ


この人と
一緒に働きたいな
と思わせたと思います

なのに
2次に通らないって事は

行く価値のない会社だったんじゃないですか?
絶対そーだよ
うん

7 ■笑

その面接見たかったです!! どんな会社を受けたのか気になります☆
先日婚活の特集番組をみました 結婚したいけどできない男性、深刻のようです 愛也先生プロデュースの婚活パーティー(会費制)流行ると思いませんか? 自己紹介の紙、ゲームなど愛也先生が考案。 スタッフはボランティアで募集! 参加者の男性には帰りにLOVE理論を買わせましょう!

8 ■ヾ(^▽^*おわはははっ!!

やっぱり、面白い。

友達に、

読んで貰おうと思います。

9 ■二次の壁

1次は基本的にコミュニケーション能力を見るだけなので、通りまくっていたんじゃないですかね?
2次以降は入社意欲とかを中心に見られるので。

10 ■うける

優先順位がだいじですよね!!

11 ■参考になります。

笑わせていただきました☆

ちょうどES書いてる途中だったので
わたしもブログに先生風ES書いてみました^^

よろしければ添削してくださいww


12 ■無題

現在就活中の学生です。
爆笑しました。明日からまた元気に職探しします★

13 ■ついに明かしちゃいましたね(笑)

ついに禁断の水野先生の学生時代を明かしちゃいましたね♪
水野先生を雇う企業はそうとうのリスクを抱えるでしょうね(笑)

14 ■水野さんおもしろすぎます。

私はまさに今就職活動の真っただ中なのですが、とても参考になりました。

頑張って内定をGETしたいと思います^^

15 ■僕の中にある?es?

水野さんはサラリーマンて柄じゃないでしょ(笑)

16 ■今回も

「ウケる日記」の名の通り、違わない内容でした^^v
ありがとうございました^?^
次回作を楽しみにしています!

17 ■今回もウケましたw

毎回ありがとうございます。
大好きです。
ずっと遠くから見てたいです。

18 ■あ?おもしろい

ほんとおもしろいです。毎回必ず吹いてしまいます。更新楽しみにしてます。

19 ■無題

最高です!!

20 ■もう最高に笑いました。

今日も爆笑してしまいました。社会人生活のひとつのオアシスとしてこのブログをいつも読んでます!

最高でした!

21 ■面白すぎます。

受験生ですが、非常に気が紛れました(笑
ありがとうございます。

22 ■はじめまして*

 


ウケる!(笑)




これからも、
楽しみにしています*

 

23 ■無題

これは1次ではウケたけど
2次ではウケなかったから落ちたんじゃないでしょうか。 出落ち的なイメージですかね。

24 ■ためになる

水野先生のご講義はお金を払ってでも聞きたいお話です。
とか言いながら、マジで有料化したらそっこーブックマークから削除しますが(笑)
タダがいいのか無料がいいのかはガッツ石松先生に聞くとして、これからもプライスレスなお話をお待ちしています。

25 ■まさにポストモダン的な面白さですね!

これからも楽しみにしています。
最高!
なぜ、もてなかったのかが不思議でなりません。

26 ■おお

自分のESと似ているが、さすがに突き詰めている感がすごいなぁ。

27 ■最高です

毎回最高ですね。
更新が今から楽しみです!

28 ■好きです

いつも楽しく拝見させていただいております。水野先生は緊張とか萎縮などしないんですか?

29 ■無題

この日記によって一気にモテましたね。

ツイッターからの通りすがりより。

30 ■無題

面接の目的をはき違えている(笑)どれだけ面接官を笑わすか、じゃないっすよ!(笑)

31 ■とにかく好きです

水野先生の発想すべてが好きです。
先生の作品があったから、自分も変わることができました。本当に感謝してます。

32 ■はじめまして

なんとなく流れ着いたミホと申します。

笑った?!!

これからも楽しみにしております。

どうぞよろしく☆

33 ■おもしろっ。

「コンプリート」良い響きです。笑

34 ■ウケる(笑)

現在就活生です(^-^)笑いました(笑)最高です!

35 ■本質ですね。

物事を本質でみている人はやっぱり違うわ?。
僕が面接官なら絶対なんとしても合格させまよね。

36 ■karu-san

日系企業はオリジナリティと社会性両方を合わせ持った人材がほしいからではないですかね??
水野さんの素敵なオリジナリティで1次、つかみはOKで、2次以降は、能ある鷹は爪をかくし、両者をバランスよく見え隠しすると、結果は違ってきますかね??

37 ■あ!

ワンパターンなのがいけないんだ!

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!

はじめまして

とても面白いですね!
ただ、二次の壁という意味で
私にはひっかかった点がありました。
それは『マニュアル通り』ということ。
マニュアル通りにしか動けないと
思われてしまったことが
敗因ではないでしょうか?
やはり企業は臨機応変にできる人を
必要としてますので。

お邪魔しました。

え、で今なにしてんすか?笑
新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

mizunokeiya

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。