スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナニー事件



突然ですが、


ブログを再開させて頂くことにしました。


というのも、


つい先ほど、どうしてもブログに書かねばならないような出来事が起きてしまったのです。



―――思い起こせば、7年前。



楽天でブログを始めた日のことを思い出します。



あのとき僕がブログを書くきっかけになったのも





「自宅に帰ったら椅子の上に巨大なウンコあった」





という出来事でした。(実話です)


(もしこのブログが続くようであれば、あの出来事については
 もう一度詳しくお伝えすることもあるでしょう)



あの椅子にこんもりと盛られた巨大なウンコを見たとき


「この出来事を誰かに伝えなければならない」


そんな使命感に駆り立てられ


無我夢中でキーボードを叩きました。



そして今、


僕はまさにあのときのような使命感に駆りたてられながら、キーボードを叩いています。



事の発端は、



僕がアマゾンで本を買ったことにありました。



今回、僕はブッダ関連の本を数冊買ったのですが、



その本と一緒に



エロ漫画を買ってしまったんですね。



いや、これも僕が悪いというより100%アマゾンが悪いんですけど、




「水野敬也さんにお勧めの本があります!」




とか勧めてくるんですよね。

さらに


「この本を買った人はこんな本も買ってます!」



とか勧められると、ついついそっちも見ちゃうんですよね。



で、僕の趣味はエロ漫画収集なわけじゃないですか。



むしろ本業はそっちみたいなとこあるじゃないですか。



分かる人にしか分からないと思うんですけど



「ANGEL世代」のど真ん中じゃないですか。



それで中学生の当時からずっと今に至るまで



世のエロ漫画というものに目を光らせてきている僕は



もう、分かるんですよ。



タイトル、装丁を含めた作品全体から発せられるオーラで



そのエロ漫画がどれくらいのクオリティなのか。



具体的に言うと、どれくらい抜ける代物なのか、



つまりは、





「抜ける」かどうか「見抜ける」男なんです。






で、今回買ったエロ漫画なんですけど、



ある作家の、初の単行本で


その作家については知りませんでした。


つまり、予備知識がほぼない状態で、


そのエロ漫画を買えるか、買うに値するか。


ちなみに、エロ漫画好きって言いましても、


やたらめったら買うわけじゃないんでね。



「エロ漫画ソムリエ」としてのプライドがありますから。



「外す」という行為はお金だけの問題じゃない。



僕の審美眼に関わる「心の死活問題」なんですよ。



そこで、1つだけあったアマゾンのレビューを食い入るように読んで
(4回ほど読みました)


そのレビューが内輪の人の書いたものなのか、そうでないのか


感情的になりすぎていないか、マニアックになっていないか


レビューをしている自分への陶酔はないか


それらの情報を整理分析した結果、




「GOだ」




と判断して、買ったわけですよ。



そんなにまでして買ったエロ漫画を差し置いて



誰がブッダ読めるんだって話じゃないですか。



それができたらもう悟り開けてるよって話じゃないですか。



だから速効でアマゾンのダンボール開いて



エロ漫画にまっしぐらに向かいましたよね。



そしたら、まあ、




「さすが、俺」



でした。



「見事、俺」


でした。


ちょっと早めの



「俺、オブ・ザ・イヤー」



でした。



まあ、完璧な当たり作品だったんですよ。



ただこういうことを書くと


「お前、タイトル教えろよ」って言われるんですけど


それは言えません。言えるかボケ。


こっちは良いエロ漫画にたどり着くまでにどれだけの金額と労力使ってるんだって話なんですよ。


エロ漫画ソムリエとして有料メールマガジン発行したいくらいの勢いなんですよ。



(※ただこういうこと書くと「水野の本の印税は全部エロ漫画に消えてる」みたいなこと言う人がいるんですけど、僕は車とかも持ってませんし、趣味も全くありませんし、寄付もしてるし、エロ漫画は基本中古品なんで、ってなんで俺がわざわざここで言いわけせんといかんの? 
いいじゃない、水野頑張ってんだから! エロ漫画くらい買わせてあげなよ!)




ま、というわけで漫画のタイトルは教えられませんが、


著者の方には直筆の手紙を送ろうと思ってます(マジで)。


こういうの大事なんですよ。


エロ漫画っていうのは、


はっきり言って、消費者の質も良くないですから。


アマゾンのレビューとか見てると、

分けわからんところホメたり、

良いところをけなしたりしてますから。


著者はそういうの見てますからね。


ダメな客に潰されたエロ漫画家何人も見てきてるんですよ、こっちは。


だからちゃんと直筆で



「主人公の男性が最初インポであるという設定にしたことによって
 ここでの女性の行動にリアリティが出ていて素晴らしい」

「ここですぐに女性が感じ始めず、ぎりぎりまで抵抗したのは素晴らしい」



などと書くのです。


たぶん、通常のエロ漫画家の消費者たちはここまでやらんと思うからね。




良質なエロ漫画市場は、今後も水野が支えていきますよ。





まあ、というわけで



アマゾンのダンボールを開いて2分後にはズボンを降ろしていましたよね。



そしたら事務所の僕の部屋がノックされて、



Hっていう名前のアシスタントが入ってきて



僕は必死にズボンを引き上げたのですが



まあ、作品が素晴らしかっただけに、


その世界に没入していた僕は


完全にタイミングが遅れまして、



そしたらHもおどおどしながら

「今日飯僕作りますんで」

とか言って僕もズボン上げながら

「た、頼みます」

とか言ったんですけど、



もう空気がピリピリ来てるんですよ。



つーか、エロ漫画がそのまま机の上に出しっぱなしになってるんですよ。



僕はこのとき直感しました。



「あ、これは完全に見られたな」と。








―――僕、今年で35歳なんですよ。




しかも、見られた相手、親じゃないですよ。



アシスタントですよ。



事務所でオナニーするような男のアシストを、誰がしたいんだって話じゃないですか。



最初は



■ オナニーを見たHを口止めする



ということも考えました。


しかし、これは大きな危険が伴うということが分かりました。


というのも、秘密というのはゆくゆくはバレるものですし、


なによりこの口止めという行為を含めてバレてしまったら



「水野は部屋でオナニーをしていて、さらにその事実を隠蔽しようとした」



という、巨大な恥の上にさらに巨大な恥を塗り重ねる、もう、恥のスカイツリーですよ。



しかし、



しばらくすると



僕は、この問題が単なる恥ずかしさだけにとどまらないことに気づいたのです。



現在事務所では、今、僕だけ個室を割り当てられており、



他のスタッフたちは全員大部屋にいます。



そして僕たちは
「心地良いスパルタ」
をスローガンに


できるだけ長時間頑張ることを目標に仕事を続けてきました。




そして、




「部屋でオナニーする」という行為は



この信念に完全に反することになります。





すると、事務所の士気が下がり、




みんなが仕事をしなくなり



ゆくゆくは事務所が経営できなくなっていくということも



全然起こり得るのです。




オナニー倒産です。





僕は―――考えました。




その事態を防ぐために、



考えに考え抜きました。






まだ抜いてないのに、考え抜きました。




そして、一つの結論に達しました。




それは、過去の偉大な人たちすべてがこの選択をしたであろうと思われますが、



それは、





「正直に話して謝罪する」




ことでした。


変に取り繕おうとせず、間違っていたことを認めて謝罪する。


これしかないと考えたのです。



そして、それはHが他の人に言う前に、


自分の口から言わなければならないと考えました。



そこで僕はすぐに



「みんな集まってほしい。今から大事な話がある」



と事務所のスタッフ全員を集めました。


今までこんな風に皆を集めたことはありませんでしたので


事務所には緊迫した空気が漂いました。


1年以上事務所に来ているOが泣きそうな顔で言いました。


「もしかして、事務所、閉鎖とかですか?」


僕は言いました。




「それを防ぐために、みんなに集まってもらったんだ―――」



そして、僕はみんなの前で正座をし、拳を膝の上で握りしめました。


どうしてこんな年になってまで、


こんな恥ずかしい思いをしなければならないのか。


こういう思いをしたくなくて


俺は、ひたすらに頑張ってきたのではなかったか。


しかし、どれだけ小さくても、悪の火種は摘み取っておかねばならない。


それが、永続的に繁栄するための唯一無二の方法なのだ―――。



僕は自分にそう言い聞かせながら、震える声で言いました。













「実は……先ほど……部屋でオナニーしてました。すみませんでした――」













するとHが言いました。





「あー、そうだったんですか?」







―――え?







「いや、俺、水野さんの部屋入るの初めてだったんで、どこに座ってるかも分からなくて」






―――は?






「言われなきゃ分かんなかったですー(笑)」










茫然自失となった僕は、


ふらふらとした足取りで部屋に戻り、


椅子に座って頭を抱えました。













一体、これ、何?













一体、この出来事は何だったのか。


意味の無い逡巡。


そして、意味の無い告白。


神は一体、何の意図があって僕にこんなことをさせたのか。


ひたすら考え続けました。



すると、そのとき、頭の中で声が聞こえてきたのです。







「ブログ、書きなさいよ」







声は続きました。




「どうせスタッフ全員にバレちゃったんだから、
 みんなにバラしちゃいなさいよ。
 そしたら、いつか、君もこう思えるかもしれないよ。
 『ああ、あのときオナニー見られたって勘違いして良かったな』って」




このとき、姿は見えませんでしたが、





僕にはこの声の主が誰なのかはっきりと分かりました。













ブッダです。











まだ1行も本を読んでませんが、



というかブッダの本は現在もアマゾンのダンボールの中に置き去りにされたままですが



あれは、間違いなく、ブッダからのメッセージでした。



そんな神の啓示を受けたこの日を記念して、



ブログを再開させていただこうと思います。



今後ともよろしくお願い致します。















コメントの投稿

非公開コメント

1 ■復活!!

伝説の作品☆
安心しました(・ω・)/

2 ■よかったー

違う言葉に変えてみるか、なにか造語をつくるかしないと、また消されるかもしれないっすね。

3 ■無題

前からファンでしたが、改めて好きになりました。ブッダの助言は的確ですね!

4 ■無題

長いよね、文章。

5 ■昼ごはん

涙でました

今日からこのブログは昼ごはんに決定しました

6 ■感動です

小5になる息子に読み聞かせたいと思います(^-^)/

7 ■祝、カムバック

僕は高校時代の国語の時間に教わったことわざ、

青菜に塩 (あ、おなに、しお)

に、えらく興奮したもんです。

8 ■無題

爆笑です。


9 ■秀逸すぎる・・・

どこからともなく先生のブログにたどり着いたのですが・・

ちょwwおもしろすぎるwwww

私お下品な話が苦手で
それが悩みなんですけど
おかげで少し抵抗がなくなりましたwww

ありがとうございますww

これからも楽しみにしています^^?

10 ■勇気ある行動です。

デリケートな分野の事だからと言って、
話し合わないまま放っておくから問題になるのです。

ちゃんとさらけ出せる勇気ある行動に一票です。
話してみたら何てことなかったってことは良くあります。

11 ■いい記事でした

長かったけど、最後までよみました。
いい記事でしたよ。

12 ■伏せ字

オ○ニーは○ナニー事件とするとより芳ばしいと思います。「部屋で○ナニーする」など字を当てずとも雰囲気が伝わるのではないかと。

13 ■復活オメ

この日記が再び消される事態に備え、ケータイの画面メモに保存しました!!

14 ■良かった?

復活おめでとうございます!削除された時はショックでしたよ…
これからも大人の事情を考慮しつつ、クソワロタな記事を載せてください☆

15 ■無題

感激しました。

素晴らしいです、今年1番笑いました。
はしも○さんも負けないで!

16 ■無題

最高w
先生、面白すぎ!!
文才ありすぎwです!!

橋本○生さんも負けないで!!

17 ■好きです

ホントに素晴らしいです
最高です
愛してます

18 ■何なんですか?神なんですか?

はじめまして。友達と呼べるかわからない何かにこのブログを紹介されたかわかりません。
その友達かわからない何かが日記で紹介してたので、つい出来心というか一種の好奇心、冒険心、言うならばワンピースを探しにきた勇者になった気持ちでブログを拝見させていただきました。

正直、タイトル画面を開いた瞬間『これは、つまらんな』と安易に思ってしまった自分流が恥ずかしいし、水野さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

まぁ、内容見た瞬間に衝撃走りましたよ。まさにテクノブレイクですよ。ラスボスも瞬殺のテクノブレイクですよ。

銀行の待合室で爆笑ですよ。周りの目が冷ややかだったのわかりますよね。そのドキュメントの気持ちわかりますよね?

ただ、これだけは言わせてください。


感動しました

19 ■無題

アシスタントのHサンになりたいw

20 ■おめでとうございます♪

ブログ再開おめでとうございます!
あぁ。。。また水野さんのブログが読めるなんて幸せです?

21 ■サイコーですね

過去彼女に目撃された者として大変感銘を受けました。
人生の大切なことは全てこのエントリーが教えてくれます。

22 ■その昔


妹のを目撃したことを思い出しましたw

その時の彼女の頭上にブッダが光臨していたかどうかは定かではありません。






23 ■すごいです!

いやー、笑わせてもらいました。
文章のテンポもすばらしいです!!

24 ■無題

あれ??
また見れなくなってる!!!

25 ■また消されちゃったんですね

でも今ならまだ大丈夫、キャッシュから見れました♪
水野さん、またまた消されないように自分のHP開設しましょうよ

笑えました。

イヤー、爆笑しました。今、日本中がつらい時期だから、笑えることがありがたいです。

ファンになります(笑)

No title

水野様

同い年ですが、師匠と呼ばせていただきます。

No title

推測・仮説に基づく行動にはエラーは付き物。
そこから次のトライがはじまりますね。

ウケる(=´∀`)人(´∀`=)

最後の方の「ブッタです」・・マジウケました!!

No title

天才w

No title

これまでの50年近い私の人生の中で、最も偉大な勇気を見た思いです。
胸が熱くなりました。

水野さんが女性だったら

素晴らしいですね。

水野さんが、綺麗な女性だったら
もっと面白かったですね。

ブッダは後付の作り話でしょ?

No title

アンタテンサイwww

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

mizunokeiya

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。