スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーマンウ○コショック ~UM山本・後編~





ウケる日記-yamamoto_unko01
山本周嗣
元リーマンブラザーズ証券株式トレーダー。現在は(株)文響社(株)ミズノオフィスの代表を務める。幼稚園の時最初のお漏らしを経験して以来、時間、場所を問わずいたるところでウ○コを拡散し続けている35歳。その潔い漏らしっぷりは有名で、時に「ウ○コマスター」「ブラウンの稲妻」などの異名で呼ばれることもある。最近漏らしたのは2011年、4月。



――今日はお忙しい中ありがとうございます。




ウケる日記-yamamoto_unko01
「どうも」




――ところで早速ですが最近漏らされたときの話をお伺いしてもよろしいですか。



ウケる日記-yamamoto_unko01
「いや、そんなたいしたことじゃないよ。漏らしたっていうよりどちらかというと『おねグソ』の方だから」




――おねグソ?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「うん。おねしょってあるでしょ。寝ているときにおしっこしちゃうっていう。あれの大きいバージョン」




――ええ!? そんなものが存在するんですか?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「あるある(笑)。だいたいいつも一緒の夢を見てなるんだけどね。すっごい我慢してて、やっとトイレに入れた~って安心してしちゃうんだけど」



――はい。


ウケる日記-yamamoto_unko01
「『あ、やべ。これ夢だ』って気づいて起きるじゃない?するとそんなに大きくないのが2個か3個くらいかな?コロコロって出てきちゃったんだよね」






――な、なるほど。それでは山本さん、そろそろ例の「六本木ヒルズ」で漏らされた話して頂いてもよろしいですか?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「ああ、あれね。
当時僕はリーマンブラザーズ証券っていう会社で働いてたんだけど、仕事終わりに六本木ヒルズで、飲み会っていうか合コンみたいなことがあったんだよね」



――なるほど。



ウケる日記-yamamoto_unko01
「それで開始1時間ぐらいしたときかなぁ。来ちゃったわけ」



――来た?何がですか?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「いやいや(笑)」






ウケる日記-yamamoto_unko03
僕が「来た」って言ったら便意以外ないでしょう。



――これは失礼しました。
 で、それからどうされたんですか? 




ウケる日記-yamamoto_unko01
「で、すぐにトイレに行ったんだけど使用中でね。しかも、そのときの便意は結構ヤバいやつで。一刻の猶予も許さない感じで。それで俺は女子の方に入ろうと思ったのよ」



――ええ!?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「いや、これは僕が前々から提唱してることなんだけども。『漏らすくらいなら女子の方に入れ』ってことなんだよね」



――でも、それって大丈夫なんですか? 犯罪とかにならないんですか?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「いや、詳しいことは分からないけどさ。何度も漏らしてきた人間から言わせてもらうとさ、ウ○コを漏らすのって人にすごい迷惑かけるのよ。だったら迷惑かける前に女子の方に入っちゃった方がいいってことなんだよ」



――で、女子の方に入ったんですか?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「いや、それがさ。それやったらマズいってことが分かったんだよ。だって今、合コンしてるわけだから。僕がトイレに入ってるところに女の子が来たら、恋なんて生まれようがないでしょう。それで女子トイレにも入れずにずっと待ってたんだけど、全然中に入ってる人が出てこないわけ」



――他のトイレには行かなかったんですか?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「うん、それも考えたんだけどね、六本木ヒルズの他のトイレってすごい遠い場所にあるんだよ。で、色々シュミレーションしたんだけど待つことにしたわけ。まあこれは一種の賭けだったよね。ただ自分は株式トレーダーとして日々秒単位の勝負してきたわけだから。この勝負もいけると思ったよね」



――で、どうなったんですか?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「待ってる時に、漏れちゃったんだよね」




――勝負に負けたわけですね。



ウケる日記-yamamoto_unko01
完敗だったね。でもさ、そのときの俺は『終わった』って感じじゃないわけ。むしろ『始まった』なんだよな」



――どういうことですか?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「うん。つまり、今もまだみんなは合コンしてるわけでしょ。だから会社の同僚がトイレに来るかもしれないわけで。僕がウ○コ漏らしたことバレたらやばいじゃないの」



――皆さんには言ってないわけですか? 自分がそういう人間であることを。



ウケる日記-yamamoto_unko01
「言ってないよ。言えるか、ボケ。会社ではちゃんと社会人としてやってるわけだから。で、一刻も早くトイレに入りたいわけこっちとしては。色々処理しないといけないから。で、『神様!』って祈ってさ」



――祈るの遅くないですか?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「いや、僕も35年間生きてきて分かったんだけどさ、結局、人は漏らすんだよね。だから漏らすか漏らさないかが大事なんじゃない。漏らした後、どうするかが大事なんだ。……まあそんな僕の祈りが通じたみたいで、やっと扉が空いて中に入ったのよ。……あ、ここでみんなに言っておきたいのはさウ○コを実際に漏らしてしまった時はね、被害を最小限に抑えるために、技術が必要になってくるわけ」


――技術?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「そうそう。とくにやわらかいのが出た時は、歩くとき膝を曲げちゃだめ。ウ○コがズボンに付着するからね。ズボンを軽くつまんで、ロボットのような直立歩行をするのがコツだから」


――あ、ありがとうございます。



ウケる日記-yamamoto_unko01
「それで、その歩行スタイルでトイレの中に入って、ズボンとパンツ脱いで。で、パンツは捨てることにしたんだけど、ズボンにも完全についちゃってるわけ。しかもそれが、めっちゃ臭いんだわ。やっばいくらいに臭いんだわ」


――ウ○コですからね。


ウケる日記-yamamoto_unko01
「そうそう。でね、「もうこれは帰るしかない」と思って」


――え? 合コン中なのに?


ウケる日記-yamamoto_unko01
「そりゃそうでしょう。ウ○コ漏らしてるのに合コン行けないでしょう。それでどうやってトイレから出ようかって悩んだんだけど、そのとき着てたジャンパーをさ、こう、ファッション誌に載ってるみたいな感じで、お洒落に腰に巻くことにしたんだよね」


――なるほど。


ウケる日記-yamamoto_unko03
まあ、世界広しと言えど俺くらいじゃないの? ウ○コ隠すためにジャンパー腰に巻いたのはさ。


――なるほど。



ウケる日記-yamamoto_unko03
いや、確実に俺くらいでしょう。ウ○コ隠すためにジャンパー腰に巻いたのは



――ま、まあ、そうでしょうね。







ウケる日記-yamamoto_unko04
いいかい?






ウケる日記-yamamoto_unko05
俺は、ジャンパーを



ウケる日記-yamamoto_unko06
腰に巻いたんだぜ




ウケる日記-yamamoto_unko07
ウ○コを隠すためにね




――わ、分かりました。もう十分分かりましたから。




ウケる日記-yamamoto_unko01
「分かってくれたらいいんだ。それで、ジャンパーでお尻を隠しながらけやき坂まで走ってさ。タクシー止めて。『タクシーの座席にウ○コつくなー』と思ったけど状況が状況だから、そこはもうタクシーに泣いてもらって。それでタクシーの中からメール打ってさ。『ルームメイトの水野がトラブルに巻き込まれて助けを必要としてるから帰ります』って」




――それ、僕じゃないですか。




ウケる日記-yamamoto_unko01
「そうそう。もうそんときは必死だからさ。具体的な名前出した方が相手も信用するかなと思って。それでなんとか部屋について、ジーパンをトイレで洗ってたんだよね。そしたらちょうど君が帰ってきてさ」



――あ、そうでしたっけ?



ウケる日記-yamamoto_unko01
「覚えてない?」



――覚えてないですね。



ウケる日記-yamamoto_unko01
「俺は覚えてるよ。俺が『ウ○コ漏らしてまった~』って言ったら、君、『また?』って興味無さそうに言って自分の部屋に入って行ったんだよね。あのとき、俺的には結構ショックでさ。その合コン可愛い子結構いたわけなんだけど、ウ○コで台無しにしちゃったわけだからさ。慰めて欲しかった部分もあったわけ。あ、そういえばそのとき履いてたジーパンあるけど見る?」



――いや……まあ、一応お願いします。





ウケる日記
「これなんだけど」


――なるほど。



ウケる日記
「どう?」



――いや、「どう?」と言われましても……。
 ただ……。




ウケる日記
「ただ?」


――こう言ったらなんですけど、なんていうか、合コン行く格好にしては、あまりお洒落じゃないっていうか。


ウケる日記
「……。」


――ウ○コ漏らそうが漏らすまいがあんまり関係なかったんじゃないかっていう……。






ウケる日記



ウケる日記



――え?


ウケる日記



ウケる日記



ウケる日記

――ちょ、ちょっと山本さん!


ウケる日記



ウケる日記


ウケる日記



ウケる日記



ウケる日記


――何してるんですか、山本さん!



ウケる日記
「ウ○コだけど」


――だめですよ、こんなところでしたら!




ウケる日記
「なんで?」



――なんで?って、ここ部屋の中じゃないですか!


ウケる日記
「関係ねえだろ。赤ん坊なんてどこでもウ○コしてるじゃねえか」



――でも、あなた、もう大人でしょう!



ウケる日記
「バカヤロウ!」



――――え?





ウケる日記
「その『大人』って言葉がよぉ、人間の純粋な心を失わせていくんじゃねえのか!?」




――……。



ウケる日記
「俺がリーマンブラザーズに勤めてた頃は、金なんてたくさんあった。どんな贅沢もできた。でも、そういう生活に慣れていくうちに、いつのまにか失っていったんだよ。赤ん坊みたいな純粋な心をな」



――山本さん……。


ウケる日記
「ケイヤ、覚えときな。したい場所でするっていうのは、『やりたいことやる』ってことなんだぜ」






――や、山本さん!





unko_last13.jpg




山本さん―――




ウケる日記



ウケる日記



ウケる日記



ウケる日記







山本周嗣が代表を務める(株)文響社、(株)ミズノオフィスでは人材を募集しています。赤ん坊のような純粋な心を持ちながら仕事をしていきたいと思っている方は

http://www.bunkyosha.com/work/index.html

までアクセスしてください。



※注 今回の記事における「山本周嗣」は水野の手によって若干の演出がされています。今回の記事も山本くんに「こんな感じで書きたいんだけど」とリクエストしたところ「いいね」と即答してくれ、部屋で写真を撮っているときも「もうすこしお尻そっちに向けた方がいい?」などと気遣ってくれたりするような温厚な人間なのでご安心ください。











コメントの投稿

非公開コメント

新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

mizunokeiya

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。