スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATC臭



昨日、女性雑誌の取材で



「ウチの雑誌の読者(20代後半から30代の女性)に対して思うことがありますか?」



と質問されたときに




「あ!」




と思いついたことがあり、興奮してしゃべったのですが、



間違いなく使われない内容なのでここに書かせて頂きたいのですが、





僕が思ったのは





20代後半~30代の女性の中で





「あ、この女、絶対男にモテんわ」





と、一瞬で判断できるような「特定の雰囲気」を持った女性がいるということなのです。




しかも、その女性たちというのは、



ブスとか、汚いとかそういうのではなくて、



むしろ外見に気を使っていたりする人たちなのです。




でも、絶対、男にモテていないはずなのです。





極端な話、




その「特定の雰囲気」を持つ女性は外見を見ないでも分かる時すらあります。




昔、僕の後ろを2人組の女性が歩いていて、



彼女たちの会話が聞こえてきたことがあったのですが、





「あ、この女の人たち、例の(男に絶対モテない雰囲気の)女じゃないか?」




と思い、振り返ってみたのですが、



もう完全に予想通りの人たちだったんですよね。



この時は「声のトーン」で分かったんです。




声が少し大きくて、



「何かを責めるような、攻撃するようなトーン」



なんですよ。





で、笑い声も、ちょっと大きい。



そして、笑い方が、ちょっと下品なんです。






で、この「特定の雰囲気」を言い表すなら



それは









セックス・アンド・ザ・シティ臭(SATC臭)






ということになると思います。





映画化もされた海外の女性向け人気ドラマ



セックス・アンド・ザ・シティですが



忘れもしない、



僕とこのドラマの出会いは、




当時仲の良かった女の子から





「死ぬほど面白いから見て」





と言われてツタヤで一気に3本くらい借りて見たのですが




これが死ぬほどつまらなかったのですね。




死ぬほどつまらないというか、




単純に「気持ち悪かった」んですよ。




ただ、「どうして僕はこのドラマを気持ち悪いと思うんだろう?」という興味が沸いてきて




「本当に気持ち悪いなあ」と思いながらドラマも映画も見たんですけど、






あのドラマに出てくる4人組が実際にいたとしたら




全員、確実に男にモテないんですよね。





特に一番モテなそうなのは、




主人公の、ちょっと名前が思い出せないのですが、




あの、馬面の女性ですね。



で、あの馬面と同じ空気を持った人が




今、20代後半~30女性に非常に多くて




そのオーラをまとった時点でもう、確実に男から口説かれなくなっていくんです。





これはあくまで雰囲気とかオーラの問題なので



具体的に言うのが難しいのですが、



あえて、この


「SATC臭」


を具体的な言葉で表現するとしたら





● 声が優しくない


先ほども言いましたが、口調がハキハキしていて、
責めるような感じなのです。

声も少し大きいです。




● 服とメイクの色が濃い


これはも表現するのが難しいのですが

みんなが思い描くような、ステレオタイプの「厚化粧」とか「派手な服」というわけではなくて

女性誌に掲載されてそうなお洒落の範疇のファッションではあるのですが

ただ、色が濃いんですよ。

なんというか、ハッキリしてるんですよね。

あと、

彼女たちはかなり高級なブランドのバッグなどを持っている場合が多いです。
(たとえばヴィトンのバッグを持っているとしても、特に値段が高いやつ、とかです)





● 自虐ネタを使う


SATC臭を放つ女子会の人たちの会話を聞くと

「マジ、最近セックスしてなくて」的な、

自分をおとしめるような発言をよくしていて、

それがSATC臭を芳醇な香りにしています。






それで僕は、


ずっと前から



「どうして女性はSATC臭を放つようになるのか?」



ということを考えてきたのですが、




これは僕の勝手な推測なのですが、やはり




「女性の、老いに対する不安」




が根源にあるような気がします。





たとえば「服の色が濃くなる」というのは




「小娘たちに優越する」



という目的があるような気がするのです。


(女性のファッションに詳しくないので分からないのですが)


彼女たちの「濃い服」というのは、



たぶん、若い女性たちからなかなか手が届かないブランド品だったりするのではないでしょうか?



あと、濃い色、というのは、ある種の攻撃性を持っていると思うので



若い女性を無意識のうちに「威嚇」しているのではないかと思います。




声のトーンなども、



男性が「可愛らしい」と考える声(これを女性は男性に媚びる、と表現しますが)


の若い女性たちに対するある種の否定が


彼女たちの口調を「強く」て「責める」ように変えていっているのかもしれません。



そして「自虐ネタの多用」は、「安心」です。



自分が老いていくことに対する不安を他の女性と共有することで安心する。



これもまた、老いに対する不安の裏返しと言えるでしょう。






そして、




こういう女性が男性にモテないのは、考えてみれば当たり前のことで、




彼女たちが気にしているのは



自分の中にある老いへの不安であり、



若い同性との関係性であり、




つまりは、「女のことしか見てない」からです。




男が欲しいと言いながら、男に対して興味のベクトルが向いてないのです。




そもそも、すべての男性はマザコンなので




年齢が高くなった女性はモテなくなるというのはあり得ないのです。





ちなみに、全然関係ないですけど





僕が持っているエロ漫画コレクション数百冊の






98%が「熟女モノ」です。(実話です)






というわけで、ちゃんと男性を観察して、男性のニーズをくみ取っていけばいいのに



女性たちは女性で固まって男性に対する考え方をゆがめていきますから



どんどんSATC臭がしてくるのですよね。




あ、ちなみに、






「草食系男子」なんていう言葉がありますが、





草食系男子なんてこの世界に存在しませんから。





イイ女がいたら、男は口説く。これはもう生命としてDNAに刻まれた本能なので




SACT臭が、男性を萎えさせているだけの話だと思います。




だいたい草食動物だって、メスを奪い合って殺し合いしてますからね。








ところで、このSACT臭を消臭するにはどうしたらいいかということなのですが、



SACT臭は男性で言うところの「加齢臭」みたいなものであり、




ある意味では「病気」に近いものだと思います。




女性誌に載っているような「男性に対しては○○する」みたいな小手先のテクニックで




消すことは不可能だと言えるでしょう。





可能であれば、ゼロから出直すために




SATC臭の染みついた服を全部燃やすくらいのところから始めて欲しいのですが





mizunonno01.jpg
参考 ミズノンノ


さすがにちょっとハードルが高いのと思いますので




とりあえず「セックス・アンド・ザ・シティ」のDVDを持っている人は今すぐ叩き割って、




男性に好まれる雰囲気の女性の映画を死ぬほど見ることから始めてください。





具体的に言うと





メグ・ライアン







レニー・ゼルウィガー






この2人は、

生まれつきの美しさに頼らず、

口調や仕草、リアクションによって男性を勃起させられる力を持っている女性なので

ぜひ完コピを目指したいところです。



特に、


メグ・ライアンの「フレンチ・キス」で、相手役の泥棒からネックレスを渡されたときのリアクションはもうハンパなく可愛いので、最低30回は巻き戻して見て、確実にモノにしておいてもらいたいです。


あとレニー・ゼルウィガーの、確か「ベティ・サイズモア」という映画だったと思うのですが、

音楽に合わせて白目を剥くシーンがあるのですが

これがめちゃくちゃ笑えるので、これはもう男にモテるとかモテないとかじゃなくてマスターして頂ければと思います。



そして、彼女たちの仕草がマスターできたら、その仕草をしている自分の写真を


info@mizunooffice.com


まで送ってください。



ウケる記にアップして、その仕草がどのくらい男にモテるレベルになっているかを


判断させて頂きます。



自分のそういう顔がインターネットを通してみんなに知れ渡るのは恥ずかしいかもしれませんが、



「自分磨き」の一環だと思ってぜひトライしてみてください。





コメントの投稿

非公開コメント

新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

mizunokeiya

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。