スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目をそらしたくなる衝撃映像

昨日おしりから血が出たので

めっちゃヘコんだのですが

(こういうのは早期発見、早期治療が基本だ)

と自分に言い聞かせ、

おしりを拭いたその手でgoogleで「痔」「病院」で検索し


近所の大学病院に専門科が無かったので街の肛門科に行ってきたんですけど


名前を呼ばれて行くと


診察室がこのような状況になっていました。



水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba



何とも言えない嫌な予感がしたんですけど、



ナースの人に


「ズボン降ろして横になって下さい」


って言われて焦ってズボン降ろしたら


「全部降ろさなくていいです」


とか注意されて完全にテンパッてなすがままにベッドに横たわり


そしたら医師の人がゴム手袋した手で、僕の大事な部分をグリグリとしてきたわけなんですけど


そこまでは、全然耐えられたというか、


「この医師はどうして国家試験を経て『肛門』を選んだのかな……」


とか考える余裕まであったんですけど


ただ、その後、突然


「カメラ入れますね~」


と言われて、おしりにグリグリと入れられたんですけど、


目の前の巨大モニターに



僕のア○ルの拡大図が



映し出されたんですよね。









水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba





もうね、吸い込まれるかと思いました。



自分のア○ルに自分が吸い込まれるかと思いました。


それくらい大きかった。広がっていた。


そして、そこには、もう、映ってるわけですよ。


いくら「ウケる日記」が下ネタブログだからって


さすがにここは自主規制入れさせて頂きますが



僕の口から言えるのは




オール、映ってた。




本来、暗闇の中にあるべきものすべてが、完璧に映し出されていました。




「恥ずかしい」=「おいしい」と教えられてきた半生でした。



でも、「おいしい」どころか「まずい」、いや、肛門科だけに「クソまずい」恥ずかしさがこの世界には存在したのです。



もちろん、医師の言うことなんて聞いてられないですよ。


自分の巨大ア○ルを前にして誰がアナリストでいられるかって話ですよ。


初潮を迎えた少女のように、顔を真っ赤にしてうつむいていることしかできませんでした。



しかも診断では「軽い切れ痔」だったはずなのに




なぜか薬をめっちゃ出されました。




水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba








今日から、この小さなミサイルのような軟膏に


恥ずかしめられていく毎日です。











スポンサーサイト
新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。