スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震度0の恐怖



大地震が来てからすぐブログに書こうとした記事があります。


でも、書けませんでした。



そのとき僕が書こうとしていた記事のタイトルは



「エマージェンシー理論」



でした。




大地震が来た日、


東京は電話が一切通じなくなり、携帯メールも届かなくなりました。


さらに福島原発の爆発が起きて、東京も放射能の影響を受けるという噂が広まりました。


こうして多くの人が会社を休んで家から出なくなったり、


東京を出て関西に避難していく人たちが増えました。



しかし、



実はこのとき



東京の男性は絶対にやっておかねばならないことがあったのです。



それは、



■ 好きな女性のところへ飛んでいく



ことです。




僕はこのことが分からず、昔、女性にフラれたことがあります。



当時付き合っていた女の子の仕事にトラブルがあり落ち込んでいるとき


僕も仕事のしすぎで精神的にまいってしまっていて


そのときちょうど、1泊2日で韓国に遊びに行くという友人がいて、


幸運にもちょうど、その日に休みが取れたので、


そのまま韓国旅行に行ったんです。


そのとき僕が考えていたのは、


自分はもう限界にきていたので


自分がここで休んでおかないと、彼女のことも助けられない


ということでした。



しかし、旅行から帰ってきた僕に対して彼女は第一声で言いました。



「別れたい」



僕は、自分だけ遊んでいたのが彼女の気に障ったのかと思い、



「いや、でも、全然下調べできてなかったから、わけの分からない焼肉屋に入っちゃって! 肉なんて、噛んでも噛んでも飲み込めないの。あれ、ゴムだよ、ゴム!」



と必死に言いわけしたのですが、


彼女が怒っていたのはそんなことではありませんでした。



彼女は言いました。



「自分が一番そばにいて欲しいときに離れてしまうような人は、
 これからも自分が不安になったとき、離れていくに違いない」



そして、一度失った信頼は元には戻りませんでした。



僕はこの経験で気づきました。



女の子という存在は、自分が不安になったとき、


とにかく誰かにそばにいて欲しい生き物である。


そして、そこにはどんな論理も通じず、


必要なのは「物理的な距離のみ」である。





だから、東京の機能がストップした数日間「好きな女性のもとへ飛んで行く」という行動は



好きな女性を振り向かせることができるウルトラCになり得たし、



恋人や奥さんのいる人であれば、



「あの人は、あの大震災のとき、こういう行動を取ってくれた」



と、これから何十年先まで続く強い信頼を得ることができたのです。





――しかし、僕はこの記事を書けませんでした。



それは、


報道で次々と明かされる大地震の被害があまりに大きすぎて、



震災というマイナスを、ある意味でプラスに転じようとするこの記事は多くの人に不快感を与えると思ったからです。





でも、




もし僕があのとき、この記事を書いていたとしたら、




何人かの男性の人生を変えることができたかもしれません。




確かに1週間前に、そのことを書くのは不謹慎だし、間違っていることだとも思います。



しかし、同時に、


「具体的な方法」を伝えることで、人の人生により良い影響を与えることは、


僕の生きている意味でもあります。







だから僕は、「今」しか書けないことを、ここで書いておきたいと思うのです。







3月11日。



僕たちは、過去に類を見ない経験をしました。



それは、東北の人たちだけではありません、



東京にいる僕にとっても、生まれて初めての経験でした。




地震の大きな揺れで、初めて「死ぬかもしれない」という考えが頭をよぎりました。



交通機関が止まり、電話が一切通じないという経験をしました。



お米やトイレットペーパー、乾電池やガソリンが売り切れ、普段の生活はあっさりと崩れ去りました。



それから連日連夜、東京も余震で揺れ続けています。



今回の大震災は、きっと東京に住む人たちにとっても、



一番近くまで「死」が迫ってきた出来事だったと思います。





でも。




今から3ヶ月後、いや、1ヶ月もしないうちに、




再び、僕たちは、襲われることになるでしょう。




それは、今回の災害のように大きく、激しいものではありません。



むしろ、正反対と言っていい、穏やかな波です。



しかし、場合によっては、



生きている人間を生きたまま死人にしてしまうほどの大きな力を持っています。



その波の名は






「日常」





です。






僕たちは、



いつか死ぬのだということを、



そして、「死」は突然やってくるという事実を忘れ



「日常」という波に飲み込まれていくことになります。







もし、それを防ぐ方法があるのだとしたら、



それは、「今」という時間を利用するしかありません。






「自分はこのままでいいのか」


「たった一度の人生でやり残したことはないのか」


「やらずに後悔していることはないのか」




これらは、今までの日常生活では何の意味もなかった月並みな言葉です。



しかし、



月並みではない状況の今だからこそ、大きな意味を持ちます。



僕たちは、これほどの未曾有の大災害を「利用」して



ここで「自分の人生」というものを徹底的に見つめ直すべきなのです。





急がなければなりません。



昨日、渋谷の街には人が溢れ、店は電気を落としながらも通常通り営業していました。



それは、多くの人が待ち望んだ光景ではあったけれど、



同時に、3月11日以降に感じた危機感を忘れ始めているようにも見えました。






同じニュースを繰り返したり、普段通りのバラエティ番組を放送し始めたテレビは、今は一度消してください。




今、見るべきは――「自分」です。









――そして、1ヶ月後、3ヶ月後に



被災者の方たちのことを思い出してください。



そのとき、テレビのニュースは彼らを忘れ去っているかもしれませんが、



東京に住む僕たちが東北の方たちのためにできることが、



今より増えているかもしれないからです。



















スポンサーサイト
新刊情報
2年半ぶりの新刊です。
「人生で大切な4つのこと」が楽しく学べる本です。増刷決まりました!
プロフィール

Author:mizunokeiya
はじめまして。
水野敬也です。
著作は「夢をかなえるゾウ」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」。DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本も担当しました。
ウケるメールマガジン

最新記事
水野敬也関連作品
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。